もしも借地権の相談において、協議が全く整わない場合には注意しなければなりません。借地権に関しては分割方法がしっかりと合意することができない時には、共同相続人において借地権を準共有していくこととなります。地代を見ていくと、この場合はそれぞれの相続人が単独で全て支払っていかなければなりません。ここでは1人で支払っていくことによって、他の相続人は一切支払うことはありません。

さらに建物を第三者へ貸与していこうとする場合には、必ず過半数の同意が必要です。そして建物を売却しようとする場合には、あらかじめ全員の同意が必要となっていきます。トラブルの事例を見ていくと、内縁の妻がもしも被相続人となっていて、生前居住をしている場合には借家権に関する話し合いを設ける必要があります。そもそも内縁の妻というのは相続権を基本的に持っていませんので、借家権に関しても相続していくことがありません。

判例もありますが、内縁の妻に対して相続人が相続していく借家権に関しては、あらかじめ地主がサポートして居住していくことも認められているケースもあります。様々な生活に関するトラブルにも発展してしまうので、借地権の相続問題などは専門家の意見も聞きつつ判断していくようにしましょう。

Pocket