不動産における借地権というのは、建物を所有していくために必要な権利です。他人の土地に関して設定されている、賃借権や地上権となっています。そもそも借地権というのは財産となっているので、当然ながら家族における相続の対象となっていきます。トラブルが発生することも少なくなく、相談をしている人が親と同居していない時でも借地権を相続していくことができるようになっています。借地権を持っている人が死亡した後でも、土地を返却してほしいとリクエストを出す地主に対する要求に決して応じなければならないこともありません。

借地上で建物を所有している時、第三者へ譲渡していこうとする場合に、必ず地主の承諾が必要です。しかしこのケースでは異なっていて、決して従う必要はありません。借地権の相続に関して、情報を聞きつけた地主より賃貸借に関する契約書に関するトラブルを聞くことも少なくありません。

名義書換であったり書換料に関して請求を受けることがありますが、契約書を再度作り直したり名義の書換料を支払う義務が全くありません。しかしトラブルの中には、相続人が2人以上いる時には誰が借地人となるか分からないこともあります。その点はクリアしていきながら、地主と丁寧な交渉を続けることも必要です。

Pocket