色々なトラブルがある

もしも借地権の相談において、協議が全く整わない場合には注意しなければなりません。借地権に関しては分割方法がしっかりと合意することができない時には、共同相続人において借地権を準共有していくこととなります。地代を見ていくと、この場合はそれぞれの相続人が単独で全て支払っていかなければなりません。ここでは1人で支払っていくことによって、他の相続人は一切支払うことはありません。

さらに建物を第三者へ貸与していこうとする場合には、必ず過半数の同意が必要です。そして建物を売却しようとする場合には、あらかじめ全員の同意が必要となっていきます。トラブルの事例を見ていくと、内縁の妻がもしも被相続人となっていて、生前居住をしている場合には借家権に関する話し合いを設ける必要があります。そもそも内縁の妻というのは相続権を基本的に持っていませんので、借家権に関しても相続していくことがありません。

判例もありますが、内縁の妻に対して相続人が相続していく借家権に関しては、あらかじめ地主がサポートして居住していくことも認められているケースもあります。様々な生活に関するトラブルにも発展してしまうので、借地権の相続問題などは専門家の意見も聞きつつ判断していくようにしましょう。

Pocket

相続対象となる

不動産における借地権というのは、建物を所有していくために必要な権利です。他人の土地に関して設定されている、賃借権や地上権となっています。そもそも借地権というのは財産となっているので、当然ながら家族における相続の対象となっていきます。トラブルが発生することも少なくなく、相談をしている人が親と同居していない時でも借地権を相続していくことができるようになっています。借地権を持っている人が死亡した後でも、土地を返却してほしいとリクエストを出す地主に対する要求に決して応じなければならないこともありません。

借地上で建物を所有している時、第三者へ譲渡していこうとする場合に、必ず地主の承諾が必要です。しかしこのケースでは異なっていて、決して従う必要はありません。借地権の相続に関して、情報を聞きつけた地主より賃貸借に関する契約書に関するトラブルを聞くことも少なくありません。

名義書換であったり書換料に関して請求を受けることがありますが、契約書を再度作り直したり名義の書換料を支払う義務が全くありません。しかしトラブルの中には、相続人が2人以上いる時には誰が借地人となるか分からないこともあります。その点はクリアしていきながら、地主と丁寧な交渉を続けることも必要です。

Pocket

借地権で知ること

そもそも借地権の意義を考えていく中で、建物の所有をメインの目的としている地上権であったり土地の賃借権を指しています。借地権は被相続人が持っている財産を対象としています。借地上での建物をみていくと、住んでいない相続人だとしても相続を行うことができます。価値を見ていくと、借地上の建物というのは自宅や店、さらに事務所などがあります。

生活や仕事場にしていく本拠地にしていくことができますが、例えば借地上で自宅を所有している時に借主が貸主によって出て行けと気まぐれで言われるわけにはいきません。借地権というのは法律で重要な権利となっていますが、存続期間をみていくと原則30年以上になっています。

借地権の価値をみていくと、更地と仮定している時に評価額が7割となっていきます。どれくらいの割合にしていくかは、路線価図で示される借地権割合が参考材料となります。トラブルを回避するために活用されていきますが、国税局が地域ごとに定めています。更地の時価から算出される価格の割合となっており、地価の高くなっている地域になっていると借地権割合も比率が高くなっていきます。

トラブルを回避していくため、地主との関係もしっかりと把握しておかなければなりません。借地権の譲渡に関しては地主の承諾が必要となりますので、相続においては注意しなければなりません。譲渡では決してないため、地主の承諾が原則不要となっています。これが名義変更などでトラブルを発生させてしまうこともあるので、正しい知識をつけていきましょう。

Pocket